薬剤師が英語力を活かしたいケースでは

英語力が活かせる職場はどんなとこ?

薬剤師が英語力を活かしたいケースでは

日本も国際化が進んでから随分経ちます。経済にしても文化にしても、色々なカテゴリで英語力を必要とするシーンは多いのではないでしょうか。反対に考えると英語力があればこれからのキャリアアップに、大きな味方となってくれるとも考えられますよね。

薬剤師さんの中にも、英語力を持っている方は多いのではないでしょうか。何とか英語力を活かし、スキルアップやキャリアアップに繋げて行きたいですよね。ではどのような職場であれば英語力を生かせていけるのかを一緒にチェックしていきましょう。

まず初めに挙げられるのが薬事申請になります。製薬会社が新しく生み出した薬の発売を、厚生労働省へと申請する業務となりますが、その時には色々なルールにきちんと則っているか、という知識力が求められてくるようです。

そのためには外国のデータなども集めることになりますが、資料の確認には英語力が必要になります。

また、海外からの医薬品を輸入する職場も英語力が求められる業種です。品質確認や、日本での薬事法に違反していないかのチェックのために、海外の医薬品を隅々まで確認する作業が待っています。

勿論海外の商品ですから英語力ができないと難しい作業です。それ以外にも医薬品のデータを収集するためにも、英語で書かれた学術論文をチェックする作業もあります。

このように、英語力が必要となる職場というのは、薬剤師の活躍する場においても特殊な職場と考えられます。英語力を持っているほかには、地道な作業や、粘り強いタイプの人に向いている業種かもしれません。

勿論常に新しい薬の知識も必要となってきますので、英語力だけではなく薬剤師としての技術力も重要でしょう。英語力を活かす業種を選ぶ場合には、スキルや経験も大切になりますよね。英語力を活かせる職場に転職する前には、製薬会社や医療機関などで経験を積んでおくと、スムーズな転職が叶いそうです。

ところで、このような求人はとても狭き門といえます。待遇も良いために売り手市場とはなりません。求人が出るとすぐにいっぱいになり、締め切られてしまうのです。

確実に求人情報を手に入れる事が求められますが、その際には薬剤師専門の求人サイトを利用するのがポイントになります。求人サイトは豊富な求人数を持っているという以外にも、非公開求人も取り扱っているために、多くないチャンスを手に入れやすくなります。

担当のコンサルタントにまずは、「英語力を活かせる職場を求めている」ということを伝えておきましょう。条件に合った求人が出た際にすぐに連絡を貰う事ができますので、転職に掛かる時間を短くする事が期待できます。また転職のプロであるコンサルタントから、多くのアドバイスをもらえるのもメリットです。

英語力というのは薬剤師さんにとって大きな武器になります。しっかり活かせるような職場への転職が叶いますように…!