薬剤師、ドラッグストアで働く魅力と注意点

ドラッグストアへの転職をお考えの薬剤師は必見です!

薬剤師、ドラッグストアで働く魅力と注意点

ドラッグストアで働いた場合のメリットとして大きいのが、給料が高いということです。特にテレビCMもされるような大手のドラッグストアの場合、高収入も期待することができるんです。

ドラッグストアで働きたいと思っているのであれば、まずは自分が希望したいドラッグストアが調剤併設であるのかどうかを確認しておいたほうがいいでしょう。

近年は調剤併設のドラッグストアがどんどん増えており、今後は更にその傾向が高まるのではないかと言われています。調剤併設のドラッグストアの場合、経験が重視される傾向が強いです。そのため、あまり経験がない薬剤師の中には、調剤併設のドラッグストアを避けようとする人もいるでしょう。

しかし、今後は調剤併設のドラッグストアが増えていくということを考えておくと、早いうちから調剤併設のドラッグストアで働き、経験を積んでいったほうがのちの転職活動をする際に有利に働いてくれるはずです。

ドラッグストアにも様々なチェーン店がありますが、大手のところから小さなところまで、競争が行われている時代とも言えます。ドラッグストアを探すのは難しくないと言えるほど、様々な場所でみかけるようになりましたが、それぞれのドラッグストアは生き残りのためにトータルヘルスケアを目指している傾向が強いようです。

第一類医薬品以外ならば登録販売者でも販売することができますが、多くのドラッグストアで薬剤師を雇い、トータルヘルスケアの充実に入れています。

そういった意味でもドラッグストアでは薬剤師の求人が多く出回っていますが、メーカーや調剤薬局とは違い、ドラッグストアで働く場合は土日祝日だけでなく、お盆や年末年始も休みが取れないケースが多いです。

年収は、がんばれば750万円前後になる場合もあるようですが、土日祝日はしっかり休みたいと思っている人には向かないと言えるかもしれません。パートやアルバイトという形で薬剤師を募集しているドラッグストアも多いので、様々な働き方が検討できるでしょう。