在宅訪問服薬指導の薬剤師について

高齢者向けの在宅訪問服薬指導とは?

在宅訪問服薬指導の薬剤師について

薬剤師としての知識を充分に活かせる職場は、何も薬局だけではありません。例えば製薬会社で薬剤師として営業を行ったり、学校薬剤師として活躍したりするのです。その他にも、在宅訪問服薬指導というものが、薬局に足を運ぶことができない方を対象に行われています。例えば通院が困難な患者さんや、自宅で療養している患者さんなどです。高齢者にとっては便利なシステムです。

ちなみに訪問にかかった薬剤師の交通費は患者さんが負担しなければなりません。これは事前に在宅患者訪問薬剤管理指導の申請を地方厚生局長等に届けた保険薬局のみの取り扱いになります。

さて、薬剤師は訪問先で医師から処方された薬を持っていき、服薬の指導を行います。在宅訪問なので、次の患者さんを気にすることなく、気になったことをその場で聞くことができますので、納得して服薬することができます。一方薬剤師の方は、薬局での服薬指導と在宅での服薬指導が違うことに少し戸惑いを感じるかもしれません。

在宅訪問をする薬剤師は、医師のように患者さんの変化を見逃しがちです。患者さんは日によって体調や病状が違います。処方する薬は、患者さんの状態により変更することもあり、これを薬剤師は詳細に医師に伝えることをします。

しかしこの在宅訪問服薬指導を行える調剤薬局は、需要に対して少ないと言えます。今後さらに高齢化が加速し、通院の困難な方が増えることが予想されます。薬剤師も調剤薬局のみならず、このような働き方が一般化するのではないでしょうか。

また服薬指導のため訪問する間に、薬局での業務もこなさなければなりません。そのため、一日の流れが慣れないうちは残業になったりします。これは学ぶべきことが増えたことも原因のひとつです。

薬剤師はただ単に服薬指導をしているわけではありません。患者さんが納得し、わかるまできちんと指導しなければならず、説明書を読んでいるような感覚では通じない場合もあります。

なにより患者さんの状態を把握して、医師に連絡するという役割も担っていることから、病気に対する知識も必要になってくるのです。このように薬局にはない業務が在宅訪問服薬指導の薬剤師に発生しますが、これは新たなスキルとなってやりがいにもつながっていくでしょう。