学校薬剤師に必要なもの

学校薬剤師だからこそ求められるものとは?

学校薬剤師に必要なもの

薬剤師の活躍の場は、調剤薬局やドラッグストアに限りません。例えば学校薬剤師や学校歯科医などです。学校歯科医は大学以外の学校で歯科検診などを行う非常勤の歯科医師です。つまり学校のかかりつけの歯医者さんです。

学校薬剤師や、学校歯科医などは学校保健安全法で定められた幼稚園、小学校、中学校、高等学校など、私立、市立関係なくすべての学校に存在しています。これは学校教育法第一条で定められています。

一方、学校薬剤師の仕事内容は、生徒たちの衛生面や、薬物・薬品の保存から取り扱いに関わる全てのことを管理・指導することです。このことから、学校薬剤師に求められるのは教育者としての人間性や、教育に対しての理解、当然のことながら薬剤師としての知識が必要です。

教育者としての人間性は、発達段階の児童生徒等にとって大きく影響を及ぼします。間違った知識と自己判断を助長させないように、特に情報発信は正しく伝わるようにしなければなりません。薬剤師の資格があれば学校薬剤師にはなれますが、しかし誰でもこなせる仕事ではないのです。

さて、学校薬剤師になるためには薬剤師専門の転職サイトなどを利用することをお勧めします。転職サイトは専門性を追求したい場合や、現状に満足できない方などが利用しているようです。また薬剤師が活躍する場が、多岐に渡っており選択肢も多くなることでしょう。

転職サイトに登録をすれば、専任のコンサルタントが付き、あなたに合った職場などを検索してくれます。そのため、希望する職場だけでなく、良い条件の転職先を提示してくれます。自身でよいと思っていた職場以上に、環境の良い職場が出てくるかもしれません。

学校薬剤師は、未成年を含む生徒たちの中で職務をこなします。それだけに求められているのものは人間性はもちろんのこと、指導力なのではないでしょうか。ですから子供が好きであるより以前に、社会人経験を積み、生徒のお手本になれるよう人格の形成と、さまざまな知識を蓄えてから転職を目指すのが良いかと思います。