薬剤師パートの働き方

パート勤務の魅力とは?

薬剤師パートの働き方



最近ではあえて正社員にならず、パートで薬剤師として働きたいという人も増えています。出産、育児などでブランクがある人、子育てや家庭との両立をしながら働きたいという人には特に人気のようです。
薬剤師パートの募集サイト

パートで働きたいと思う魅力のひとつに、薬剤師の場合はパートでも時給が高いということが挙げられます。地域性や薬局によるものの、おおむね2,000円くらいから2,500円くらいの時給になることが多いです。

パートであればいくつかのところで掛け持ちするなど、ライフスタイルに合わせながら効率的に稼ぐこともできます。ただこの点については、会社の就業規則で掛け持ちが禁止されていることがあるので確認しなければなりません。

パートで働くことの魅力はやはり、家庭生活との両立がしやすいことです。毎日定時退社というわけにはいかないでしょうが、社員に比べれば決まった時間通りに働きやすいことは言うまでも言えません。休みも社員と比べれば取りやすいことが多いです。会社と相談にはなるでしょうが、働く時間や収入のコントロールもしやすいでしょう。

もちろんいいことばかりではありません。社会保険や福利厚生、組合活動などは社員に比べれば保障を受けにくいことがあります。これは働く時間数や企業によるところが大きいので、一概には言えませんが、基本的には期待しないほうがよいでしょう。

今まで社員として働いていて当然のように受けていた権利が、パートになって受けられなくなって驚いたなんてことは少なくありません。パートで働く際にはこうした保障面を確認するほか、正社員との違いもしっかり把握しておくことが大切です。

調剤薬局、ドラッグストアを問わず、最近では雇用する側でもパート薬剤師を積極的に採用しています。薬剤師が不足しているような地方では特に顕著で、短い時間でも、ブランク明けでもいいからとにかく薬剤師がほしいというところも実は少なくないのです。

そうしたところであれば、時給も高くパートながら色々な保障を受けられる可能性も高くなります。細かな条件の確認をしたい、有利に交渉を進めたいのであれば、薬剤師専門の転職コンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

薬剤師に求められるチーム医療の役割

現在の日本において、チーム医療というものが非常に大切は役割を持っています。 チーム医療とは、ひとつの立場の医療関係者だけでなく、様々な立場の人たちが協力して仕事をすることですね。

医師や看護師の他、薬剤師もチーム医療の中に加えられています。 病院薬剤師がチーム医療において果たさなければならない役割といえば、患者に対する目配りです。

これはどの職場でも同じことが言えますが、病院では調剤薬局を訪れる患者さん以上に深刻な状態の患者さんと触れ合う機会があります。 処方しなければならない薬の種類も多く、細心の注意を払って対応をしなければならないのです。

病院では様々な患者さんへの調剤を行っていくことになりますが、入院患者さんにとって欠かせないものといえば注射ですよね。 注射薬をセットする業務も病院薬剤師の担当となっているところが多くなっているので、患者さんに安全に投薬が行われるためにも重要な役割を担います。

チーム医療に参加する場合に必要になる能力や知識は、薬剤師に関することだけではありません。 医師や看護師と話をする機会も増えていくわけなので、コミュニケーション能力も必要となりますよね。

もともと調剤薬局で働いていたという薬剤師の場合、コミュニケーション能力に不安を感じてしまっている人もいるようです。 しかし、病院で働く場合には医師や看護師だけでなく、患者さんとも接する機会が増えていくわけなので、コミュニケーション能力は必須だと言えるでしょう。

高齢化社会になるにつれて病院を訪れる患者さんの中には高齢者が増えていますが、高齢者は体調を崩しやすいですよね。 そこでしっかり目配りをし、小さな変化にも気付けるような観察力も求められます。

チーム医療を行っている病院では、医師や看護師、そして薬剤師がそれぞれ持っている知識と経験を十分に生かして最良の医療が提供できるように工夫されているので、やりがいを持って働くことができるでしょう。

薬局から製薬会社への転職

調剤薬局で働いている薬剤師の中には、年収の伸び悩みに頭を抱えている人もいるようです。 確かに、調剤薬局は長く働いたとしても給料が伸びにくい職種として知られています。

そこで、調剤薬局からもっと給料の高い職場に転職をしたいと思っている人のために、いくつかポイントを紹介します。 給料が高い職場といえば、製薬会社が挙げられるでしょう。

製薬会社で働くといっても、様々な仕事があるので、まずは自分がどういった仕事をしたいのか考えることが大切です。 例えば、CRCという仕事があります。 この仕事は、過去にCRCの仕事をしたことがない人でも応募することができるだけでなく、高収入が期待できます。

そもそもCRCとはなにかというと、治験に関するお仕事です。 治験内容について被験者の方に説明をしたり、サポートをするのが主な仕事内容となります。 医師やスタッフと連携しながら仕事を行っていく形になるのですが、新薬の開発に貢献したいと思っている人には最適の仕事だと言えるでしょう。

CRCの仕事に就きたいと思った場合は、情報を集めることが大切です。 製薬会社では、その会社の理念などについてもしっかり理解している人を求める傾向にあるので、下調べは欠かせません。

それらを理解したうえで面接の自己紹介を考えるようにしましょう。

調剤薬局と製薬会社の大きな違いといえば、製薬会社には繁忙期があるということです。 もしかしたら調剤薬局で働いている人の中には、調剤薬局は休みが取りやすい仕事だと思っている人もいるかもしれません。 ですが、繁忙期には毎日残業をしなければならなかったり、休日出勤が入ってしまうこともあるのです。

確かにそれ以外の時期は比較的穏やかに働くことができますが、繁忙期の忙しさについてはよく理解しておく必要がありますね。 暇だと思ったから製薬会社に転職をしたという人の中には、繁忙期の忙しさについていけずに辞めてしまう人もいるようです。

まずは、自分が本当に製薬会社の仕事に向いているのか考えてみてはどうでしょうか。